旅先でメモ魔になるべき4つの理由

Pocket

アッサラーム アライクム!

普段は全然マメじゃない大雑把な、たいやきです。

 

今回は「みんなでメモ魔になろう!」という話なんですが、

あなたがなにげなく旅先でとったメモって実は、他の人にとってはノドから手が出るほど欲しい情報になる可能性があるって知ってますか?

ぼくはメモるのが好きなので、旅に出ると鬼のようにメモをしまくります笑

そしてそんなメモは自分のためだけでなく、思いがけず他人の役にも立つかもしれないのです。

 

ここで先にちょっとそのメモをお見せします、ドンっ!

 

 

…やばいですねー、ぼくが旅先で何に金を使ったか、つつぬけです笑

 

例えばこのメモはイスラエルに行ったときのモノなんですが、これからイスラエルに行こうとしてる人にとっては超有益な情報になると思いませんか?

 

こんな感じで現物を見てドン引きした人たちのために、「旅先でメモをとるメリット」を4つ紹介したいと思います!(←数ハンパすぎる)

 

 

1 旅の思い出が鮮明に残る

photo by pixabay

これはかなり大きいです。

もちろん日記を書くのが好きという人はいいですが、なかなか旅先だと文章をゴリゴリ書く気になれないですよねー(←もしかしてぼくだけ??)

でもメモくらいだったら簡単にできるし、あとで見直したときに、頭の中でそのシーンがよみがえってきます。

 

人の頭ってスゴイもので、思い出を振り返るときは断片的な情報だけでも、しっかりと欠けた部分をつなげてくれるんです。

photo by pixabay

 

例えば…

 

これはエジプトでのメモなんですが、空港に着いてさっそく起きたトラブルを、タクシーを待っている間にメモりました。

それも深夜2時すぎに野ざらしにされながら。

 

そう、まさにポイントはここなんです!(←どこだよ)

 

メモに書かれていないこともメモを見返すことで、 どんなシチュエーションでメモったのか、その前後のストーリーも含めてハッキリと思い出すことができる のです。

 

旅の記録をまとめたり、思い出をだれかに話すときにしっかり覚えていれば、これほど良いことはないですね。

ぼくは別に脳科学にくわしいわけでも何でもないので断言できませんが、「メモる」という作業自体が印象に強く残るからこそ、欠けた記憶を呼び覚ましてくれるのではないでしょうか。

 

その辺の詳しいことは茂木先生に聞いてください笑

 

2 他の人にとっては貴重な情報源になる

photo by pixabay

 

みなさん海外に行く前には、少なからずその国について調べますよね?

ぼくなんかは普通にネットだったり「地球の歩き方」などを参考にするんですけど、自分にとって一番ありがたい情報は「実際にそこへ行った人の体験談」なんです。

そういう体験談だと、ガイドブックには載っていないようなタイムリーな情報から、マイナーな情報までたくさん参考になることがあるからです。

とくに物価の相場についてはぜひ知っておきたい情報ですが、

水は~円くらいで、タクシー代は~円くらいが相場だよーって言われても、

「ザックリしすぎてて現地に行ってみないとハッキリとは分からないや」

ということも多いでしょう。

 

そんな時に、↓こういう情報があったらどうでしょう?

 

 

自分で言うのもアレですけど、ぼくが情報を探してる身だったら、超ありがたいです笑

 

あ、ちなみにイスラエル羊さんぬいぐるみってコイツです↓

photo by Taiyaki

めっちゃかわいくないですか?!

ね?!

 

・・・・・だれだ、ヒツジじゃなくてサルだろとか言ったのは。

 

 

それはともかくとして、タクシー代から毎回の食費まで事細かにメモした情報があれば、そこから相場をつかむことができます!

何気なくとった自分のメモが、他の人が探し求め続けていた情報そのものだったりするのです。

 

 

ちなみにぼくが値段に関するメモをするときは、基本的には支払いをする前にメモってます。

食事とかお土産を買ったあとだと、満足しちゃってメモするのを忘れそうだからです笑

 

3 お金の管理がしっかりできる

photo by pixabay

 

これは2と似ているのですが、旅の中でメモを取っていれば、昨日とか一昨日の自分の金使いを振り返ることができるので、

使いすぎているようなら「今日は節約しよう」

逆に余裕があるなら「今日は少しぜいたくしよう」

といった感じに、うまく調整することができます。

 

こうすることで、旅から帰ってきたあとで

「ヤバい・・・金使いすぎた・・・」

とならなくて済むでしょう。

 

行き当たりばったりでノープランの旅って最高に楽しいですけど、お金の管理だけはノープランにならないようにしたいものです!

 

 

4 同じ失敗をしないで済む

例えば初めて行った国で盛大にボッタクられたとしましょう

初めてということもあり、相場もなにも分からなかったから、それはしょうがないと思います。

時間が経てば笑い話になるでしょう。

 

でも再び同じ国に行くことになったとき、またボッタクられるのは絶対イヤですよね?

 

そんなときこそメモの出番です!

メモはかつての自分の失敗を示してくれます。

「そういえば前はこんなに持ってかれたんか~、今回は気をつけよう」

となれば、そのメモは自分自身に有益なものとなっているといえるでしょう。

 

 

過去の自分を今の自分にいかすことができる、それがメモです。

・・・なんだかメモがすごく偉大なものに見えてきました笑

 

ぼくはミャンマーのバガンで、5倍以上のタクシー代(4000円くらい)をボッタクられましたが、そのときにメモをしていたおかげで、二度目に行った時はリベンジ?を果たすことができました。

 

 

以上今回の話をまとめるとこんな感じです。

 

◆旅先でメモをとるべき4つのワケ◆

1. 旅の思い出がハッキリと残る
メモを見ただけでよみがえる旅の記憶

2. 他の人の貴重な情報源になる
あなたのメモには他人がノドから手が出るほど欲しい情報がつまっている

3. お金の管理がしっかりできる
旅を終えてから、お金の使いすぎに後悔しなくて済む

4. 同じ失敗を繰り返さなくて済む
過去の自分から学ぶことができる

 

 

これであなたもメモ魔の仲間入り

では今回はこの辺で、マアッサラーマ!

 

Pocket

The following two tabs change content below.