中東を安く旅する方法は、インド数字を覚えること!!

Pocket

こんにちは、たいやき(@taiyaki_tabi96)です。

 

アラビア語を長いこと勉強してきたぼくは、友だちが中東に行くときに必ず毎回、

「インド数字を覚えてから行ったほうがいいよ」

とアドバイスしています。

 

なぜ中東に行くときにインド数字を覚えた方がいいのか、その理由をこれから紹介していきます。

 

1 そもそもインド数字ってなに?

ぼくたちが普段使う「アラビア数字」とは別に、アラブ圏で使われているのが「インド数字」です。

 アラブ圏で使われているのに「インド数字」 というのが、かなりややこしいですね…。

 

【比較表】

アラビア数字インド数字
0٠(スィフル)
1١(ワーヒド)
2٢(イスナーン)
3٣(サラーサ)
4٤(アルバ)
5٥(ハムサ)
6٦(シッダ)
7٧(サブア)
8٨(サマーニア)
9٩(ティスア)
10١٠(アシャラ)

 

なんのこっちゃという感じかもしれませんが、

「インド数字」は中東では今もさまざまな場面で使われており、知らないまま現地に行くと苦労することもあるので、これから中東に行く人は事前に覚えておくといいでしょう。

 

2 なぜインド数字が必要なのか

ここからが本題。

中東でもアラビア数字は使われているのに、なんでわざわざ「インド数字」を覚えなければいけないのでしょう。

 

ローカルな店で買い物ができる

地元の人たちが利用する店に行くと、より地元に密着したグッズや食べ物を買うことができるので、利用している旅人も多いと思います。

しかしアラブ圏のローカルショップでは、外国人は思わぬカベにぶつかることがあるのです。

 

それは「インド数字の値札しかない」ということ。

 

もちろんアラビア数字表記のある店もありますが、観光化が進んでいない地域だと、インド数字しかない場合も多いのです。

「How much is this?」

と聞いても、英語がほとんど通じないことすらありました。

 

こうなってくると何かと不便なので、よりローカルな旅をしたいという人は必ず覚えておきましょう。

 

ローカルショップで買った「インド数字の腕時計」!

インド数字の値札表記のみでしたが、ローカルショップのため、安く買うことができました。

 

 

ぼったくり防止になる

カイロやアレキサンドリアなどの都市部や、アスワンやダハブなどの観光客が多い地域の店では、とにかく「ぼったくり」が多いです。

どういう手法かというと、「インド数字でしか値段を言わない」というやり口。

分からなければ聞けばいいと思うかもしれませんが、タチの悪い店主だと、こちらがインド数字を読めないのをいいことに、値札とは全然違う値段をふっかけてくることがあるのです。

 

例えば、

「アシャラ!アシャラ!」

と言われたとして、アシャラがなにか分かりますか?

アシャラというのは「10」のことであり、書くと「١٠」です。

 

でも「١٠£」なんて書かれていたとしても、インド数字を知らなかったら、いくらなのか分かりません。

店主が値札とは全然ちがう値段を言ってきても、気づけないのです。

 

ボッタクられるのも旅の思い出の一つかもしれませんが、できることならボッタクられたくはないですよね。

 

なのでインド数字を分かっておけば、

「え、こいつインド数字分かるのか?!」

と、ボッタくり商人にボディーブローかますことができます。

 

 

3 練習問題

これから出すインド数字の羅列をアラビア数字に直してください。

١٠,٨٣٨

ヒント:東京からニューヨークまでの距離

解答
10,838

 

٠٣-٥٩٩٢-٩٢٢٦

ヒント:ぼくの大学の電話番号

解答
03-5992-9226

 

٠٣-٣٥٨٠-٣٣١١

ヒント:とある中央省庁の電話番号

解答
03-3580-3311

 

٣,١٤١٥٩٢٦٥٣٥٩

ヒント:中学時代にひたすら覚えさせられたなぁ…

解答
3,14159265359

 

 

次はインド数字による計算問題です。全問正解めざしてがんばってください!

 

٤+٧+٩=٢٠

解答
4+7+9=20

 

١٠٠-٥٠=٥٠

解答
100-50=50

 

٧٨-٢٥=٥٣

解答
78-25=53

 

١٥×١٠=١٥٠

解答
15×10=150

 

まとめ

アラビア語を勉強するのは少しハードルが高くても、数字くらいだったら簡単に覚えられるし、インド数字を覚えるだけで、アラブ圏での旅行が一気に深みを増します。

 

なので安く買い物するためだけとは言わず、現地の文化を学ぶという意味でも、インド数字はぜひ習得してほしいです!

 

Pocket

The following two tabs change content below.

コメントを残す