アラブ世界を旅して「アラブのおもてなし」を受けてみよう

こんにちは、たいやき(@taiyaki_tabi96)です。

 

みなさんはアラブ世界に行ったことがありますか?

 

アラブ世界とは主にアラビア語が公用語となっている、下の地図で色付きになっている地域を指します。

 

日本人にとってはなんだか馴染みの少ないエリアですが、

そんなアラブ世界には「とにかく客人を手厚くもてなす」というハートフルな習慣があるのです。

この習慣が根付いた背景には、イスラム教の教えの一つである「ザカート(زكاة)」が根底にあり、

 

お客さんを自分の家へ招くのが大好き

困っている人には快く手を差し伸べる

おしゃべりが大好きな人がとにかく多い

 

といった、アラブの人々の陽気な人間性がうまれた理由でもあります。

 

ぼくたち外国人でも実際に現地へ行くと、こうした「おもてなし好きの文化」を体験することができます。

(というか否が応でも「おもてなし」攻撃を受けます笑)

 

 

これはベドウィン一家とキャンプをしている写真。

 

ヨルダンのペトラの街に行ったときに、たまたま出会って仲良くなったベドウィンの青年が、家族でキャンプをするところに招待してくれたのです。

 

こちらも合わせて

 

アラブの人々はおもてなしが大好き。

 

だからこそおもてなしをしてくれるという話になったときは、無下に断らないでほしいのです。

 

というのも おもてなしを断られるとアラブの人々はプライドが傷ついてしまうから。 

 

なのでアラブの人々からの厚意はぜひ受け取ってください

 

…とはいえ!

さすがに片っ端からおもてなしを受けるのは大変だし、おもてなしを装った「トモダチ詐欺」をはたらこうとする不届き者がいる可能性もあります。

 

ではビジネス的な勧誘と、善意のおもてなしをどうやって見分けたらいいのでしょうか?

 

実は見分けるのはいたって簡単です。

 

見分けるポイント
・すれ違いざまにもてなしをされたり、強引さのある厚遇を受ける
ビジネスフレンド。着いて行ってはだめ

・お互い話し込んで親しくなる、ビジネスライクではない
善意のおもてなしなので、お言葉に甘えよう

 

旅慣れている人ほど、

「外国人観光客に対してあまりにも優しい現地人は怪しい!」

という経験則がはたらき、アラブ人からのお誘いやおもてなしに不信感を持つ傾向がありますが、

アラブの人たちは純粋に善意からおもてなししてくれている場合がほとんどなので、そこまで身構える必要はありません。

 

向こうからのお誘いを全て蹴ってばかりいると、せっかくの文化体験や地元の人たちとの交流機会を逃すことになります。

 

 

ぼくが彼らベドウィンの一家と貴重な時間をともに過ごせたのも、「アラブのおもてなし」のおかげです。

 

ペトラの街から少し車を走らせたところにある、小高い丘から見回せる景色。

 

ペトラ遺跡に行った人は大勢いても、この景色を見た人はほとんどいないのではないでしょうか。

ここは地元の人しかしらないキャンプスポット。

 

これもまた「アラブのおもてなし」が見せてくれた壮大な景色です。

 

 

 

アラブの人たちは人情に厚く、ハートフルな人たちがとにかく多く、日本人はかなり好感を持たれているので、ぜひ アラブ世界に行くときは、現地の人たちとの交流も楽しん でほしいです!

 

 

 

The following two tabs change content below.

コメントを残す