シェムリアップのおすすめ寄り道ショップ3選

Pocket

こんにちは、たいやきです。

 

みなさんはシェムリアップという街をご存知ですか?

これはカンボジア屈指の観光名所となっている「アンコールワット」のお膝元の街なのですが、多くの人は「アンコールワット」に夢中になるため、シェムリアップ自体にフォーカスされることが少ないのです。

しかしシェムリアップには、多くの人が気づいていない魅力や良い店がたくさんあります。

 

そこで今回は、そんなシェムリアップの街にあるおすすめの店にフォーカスします。

 

 

1 Fresh Fruit Factry

絶品のマンゴーパンケーキは甘党必見

日本人のご夫婦が営んでおられる、おしゃれカフェ。

日本人バックパッカーも多く訪れる人気店。

 

 

ここの「マンゴーパンケーキ」を食べることが一番の目的でシェムリアップに来た、という人もいるそうです。

 

東南アジア独特のカオスな空気感から隔絶された、おしゃれな内装です。

もはや原宿や下北沢にあっても全く違和感ないレベル。

 

 

 

2 アンコールクッキー マダムサチコ

カンボジア土産ならここ

MADAM SACHIKO ANGKOR COOKIESは、カンボジア人の手による本物のカンボジア土産を作ることを目指して2004年4月にスタート致しました。(HP引用)

このように、日本人女性のオーナーを筆頭に、「メイド イン カンボジア」のお土産作りとその普及を目指して完成したお店です。

日本人女性がオーナーということもあり、お菓子の説明書きは日本語が書かれている上、商品のクオリティも非常に高いです。

そして何より感服したのは、スタッフさんたちの接客がとても丁寧だったこと。

 

ハイクオリティな商品サービス提供に長けている日本と、地元に根付いているスタッフさんたちの強みがそれぞれ、良いとこどりされているのが、「アンコールクッキー マダムサチコ」の強みだと感じました。

 

 

内装も気品があり、一つ一つの商品の梱包がおしゃれで、見ているだけでも楽しい空間になっていますね。

 

ぼくのおすすめはこちらの「アンコールクッキー詰め合わせ」です。

 

・10個入り:5ドル

・20個入り:10ドル

・30個入り:15ドル

 

何だかんだで10個入りがちょうど良い大きさでしたが、大勢にお土産を配るというのであれば、20個入り・30個入りが良いでしょう!

 

 

3 Le Tigre De Papier

低コストハイクオリティな夕食ならばここ

ナイトマーケットのメインストリートに面している、こちらの店。

イタリアンの店なのですが、とにかくコスパが良い!

 

クメールビールが1杯0,5ドル(約50円)という安さ。

ビール好きの方にはたまりません。

 

こちらのピザは4ドル。

ハッキリ言ってかなり日本人好みの味付けになっていて、大人から子どもまで食べられるおいしさです。

 

店内装飾がおしゃれ。

ぼくが行ったこの当時は、まだ「インスタ映え」という言葉がそこまで浸透していなかった時期なので、今行ったら「インスタ映え」を狙った人たちで大盛況しているような気がします。

 

とにかく安い。

 

カンボジアは他の東南アジア諸国に比べて物価が高いと言われていますが、その要因の一つが「ドルの普及」にあります。

 

カンボジア国内では「カンボジアリエル」と「アメリカドル」の両方の通貨が使われているのですが、元々使われている「カンボジアリエル」がインフレを起こし、紙幣価値が下落。

そのため最近ではほとんどの店で「ドル払い化」が進んでおり、よほどローカルな店にでも行かない限り、どこへ行っても「ドル価格」になっています。

ミネラルウォーターが1本2ドルで売られているのですが、もはや日本とすら大差ないレベルです。

 

そのため安旅をしている人にとっては、けっこうな出費になってしまうのが、カンボジアという国。

 

そうしたカンボジアの物価事情からすれば、この店のコスパの良さは驚異的です!

 

自分はシェムリアップ滞在中、3日連続で通いました。

 

 

 

まとめ

「カンボジア=アンコールワット」というイメージが強く、シェムリアップの街に訪れる人の多くは、街そのものには見向きもせず「アンコールワット」へと走っていきます。

しかしシェムリアップには、カンボジアらしさが感じられる古きと新しき文化やコンテンツであふれているのです。

 

シェムリアップに行ったらぜひ、自分なりのお気に入りスポットを開拓してみてください!

Pocket

The following two tabs change content below.

コメントを残す