インドでデビットカードの使用をおすすめしないただ一つの理由

The following two tabs change content below.
たいやき

たいやき

【世界史×旅×世界遺産】ナレッジパッカー。アラビア語スピーカー。「歴史を知る」必要性を問いかける旅をしています。

こんにちは、たいやき(@taiyaki_tabi96)です。

 

あなたはデビットカードを持っていますか?

デビットカードって便利ですよね、ぼくも海外でよく活用しています。

 

でも!!

 

インドでだけはもう二度と使いたくないというくらいに、インドでのデビットカードの使用はおすすめしません…!

その理由をこれからお話ししたいと思います。

 

 

1 デビットカードとは

まずデビットカードとは、 決済した瞬間に当人の口座から引き落としされるカード 、つまり即時決済引き落としカードです。

この「即時引き落とし」というのがクレジットカードとの大きな違いで、デビットカードで支払う場合、口座残高以上の買い物はできません。

ATMで口座残高以上の現金を引き降ろせないのとまったく同じです。

なので「借りている」という感覚がなく、月末の支払い日にドキドキする心配もありません。

 

そしてデビットカードは何より旅人にとって、非常に便利なものです。

世界中にある「VISA」や「マスターカード」に対応したATMから、現地通貨を引き出すことができるのです。

 

クレジットカードばかり使うのはいやだ

旅先で現金が尽きた

両替するのが手間

 

これらのシチュエーションに応えてくれるのがデビットカードなので、海外を旅するときは1人一枚デビットカードを持っておくと安心です。

 

 

2 インドでデビットカードを使うのは危険

デビットカードの最大の利点は

「旅先のATMから現地通貨を引き出せること」

ですが、なんとインドは例外でした。

 

自分もインドへ行った時に、向こうで現金が少なくなったので、デビットカードでお金を引き出そうとATMに行ったんです。

ところが。

 

「We can’t withdraw from your account.」

(お客様の口座からお引き出しできません)

 

の文字が画面に。

焦りながら、もう一回試すも同様の画面になります。

 

ATMでいくらやり直しても「Error」が続くのです。

 

パスワードは確実に合っている

VISAカード対応のATMであることは確認済み

口座にお金は入っている

 

なのに何回やっても「Error」と出てしまう。

 

あきらめて他のATMで試すも、やはり「Error」の文字が。

「このATMポンコツやなっ!」

と思いながら、わざわざ歩いてニューデリー駅構内のATMに行くも、やっぱり「Error」。

 

なんで・・・?!

 

このままでは現金が引き出せない、有り金が尽きているのにこれはヤバい。

 

そうしてアタフタしていたら警察官のお兄さんが来て、

「ATMにはもうお金は入っていないよ」

と言ったのです。

 

ATMに金がない

 

一瞬頭がついていきませんでした。

そんなことある??

 

ゲストハウスのスタッフたちに聞いたところ、ニューデリーではATMにお金が補充される時間帯が、

 

◆朝7~8時

◆夕方17時

 

の一日2回と決まっているらしく、その時間を狙って行かないと、ATMのお金はすぐ無くなってしまうそう。

(インドだから、この時間もまた変わっているかも…)

日本だったら現金が少なくなるとすぐに補充されますが、インドではそうはしないそうです。

 

さすがインド…

 

そもそもATMに補充する額が少ないのでは?と思ったりもします…。

 

 

3 インドではクレジットカードと現金を使おう

 

結局この日は引き降ろせるATMに出会えず、現金ほぼゼロのまま寝台列車に乗って、ジョードプルの街まで行くことになりました。

(寝台列車のチケットは前日購入していた)

約10時間の列車移動中、チャイ(1杯10ルピー)やベジ弁当の車内販売がありましたが、自分は現金を持ち合わせていなかったので、ただ寝るしかありませんでした。

 

こうしてぼくが現金にありつけたのは、ジョードプルに着いてからだったのです。

 

 

この経験を機に、

 「インドではデビットカードに頼りすぎるのは良くない」 

ということを学びました笑

 

ATMに行けば必ず現金が引き出せると思っていましたが、その「当たり前」を過信をするのも考えものだったということでしょうか…。

 

というわけで、インドでは常に必要最低限の現金を切らさないようにし、現金とクレジットカードをメインで使うようにしましょう!

コメントを残す