令和を代表する歌手第1号は米津玄師さん?!

こんにちは、タイキです。

 

つい先日、米津玄師さん最大のヒット曲「Lemon」のトータルセールスがトリプルミリオンを達成したことが発表されました。

 

ビルボードジャパン調べによれば、トリプルミリオンを達成した楽曲は、

◆「TSUNAMI」サザンオールスターズ(303万)

◆「世界に一つだけの花」SMAP(360万)

に続き、「Lemon」が3作目であり、 平成生まれのアーティストとしては史上初 とのこと。

 

そんな次世代アーティストとしての確固たる名声を築き始めている米津玄師さんの、活躍のプラットホームは何と言ってもネットです。

 

一例ですが、YouTubeにおける米津玄師さんの楽曲MVの動画再生回数を見てみましょう。

 

YouTube動画再生回数

楽曲動画再生回数公開日
Lemon3,5億回2018.2/26
アイネクライネ1億8900万回2014.3/31
LOSER1億8500万回2016.9/15
ピースサイン1億4200万回2017.6/7
orion1億回2017.2/1

(2019年4月現在)

 

人気トップアーティストでも1億回再生の記録を立てるのはとても難しいことですが、それを 5つもの楽曲MVで達成 しているのが、驚異的です。

まさに今を席巻し、これからの新時代を代表するアーティストにふさわしいような、すごい記録ですね…。

(冷静にすごい…語彙)

 

 

例えば、これまで「昭和の歌姫」や「平成の歌姫」など、その時代を飾ったアーティストは多くいます。

 

それこそ昭和を代表する歌手は、

◆美空ひばり「川の流れのように」」

◆山口百恵「プレイバックPart2」

◆松任谷由実「春よ、来い」

◆北島三郎「祭」

◆サザンオールスターズ「TSUNAMI」

◆松田聖子「青い珊瑚礁」

◆中森明菜「DESIRE-情熱-」

 

平成を代表する歌手は、

◆安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」

◆浜崎あゆみ「M」

◆XJAPAN「Forever Love」

◆宇多田ヒカル「First Love」

◆SMAP「世界に一つだけの花」

◆嵐「A・RA・SHI」

◆AKB48「恋するフォーチュンクッキー」

など、多くの人たちを挙げることができるし、「その時代の代表」として思い浮かべる歌手は人それぞれあることでしょう。

(曲はぼくが個人的に連想したものを書いています)

 

 

では来たる令和の時代は一体どんなアーティストが現れるのか。

 

昨年から飛躍的に存在感を出してきた米津玄師さんは、今年も更なる人気上昇と活躍によって、「令和を代表するアーティスト第1号」に君臨するのではないかと予想しています。

 

ということで、若干フライングになるけど、

令話を代表する歌手として、

◆米津玄師「Lemon」

を第1号として挙げたいと思います!

 

これから先、「令和の歌姫」も現れるだろうし、一体どんな人が令和という時代を飾っていくのか、今から楽しみですね!

 

The following two tabs change content below.
タイキ

タイキ

【Web×中東×WHA】アラビア語スピーカー兼Webデザイナーの現役大学生。中東地域での人道支援や開発支援に携わる。

コメントを残す